つみたてNISA運用状況[2019/3/1]

つみたてNISA運用状況[2019/3/1]

どーも管理人です。
3月のつみたてNISA運用状況を公開します。

つみたてNISAの資産状況018

2019/3/1の状況

LOG001:2018/3/3
→全世界:投資額JPY10,000/評価額JPY9,576(△424円、△4.24%)
→全米 :投資額JPY10,000/評価額JPY9,620(△380円、△3.80%)

LOG007:2018/5/6
→全世界:投資額JPY29,800/評価額JPY30,174(+374円、+1.26%)
→全米 :投資額JPY29,800/評価額JPY30,133(+333円、+1.12%)

LOG012:2018/7/13
→全世界:投資額JPY58,200/評価額JPY60,649(+2,449円、+4.20%)
→全米 :投資額JPY62,600/評価額JPY67,120(+4,520円、+7.22%)

LOG015:2018/10/5
→全世界:投資額JPY 97,400/評価額JPY101,663(+4,263円、+4.37%)
→全米 :投資額JPY113,000/評価額JPY122,008(+9,008円、+7.97%)

LOG016:2018/12/7
→全世界:投資額JPY124,700/評価額JPY117,699(△7,001円、△5.61%)
→全米 :投資額JPY148,100/評価額JPY142,908(△5,192円、△3.50%)

LOG017:2019/1/4
→全世界:投資額JPY134,500/評価額JPY115,992(△18,508円、△13.76%)
→全米 :投資額JPY160,700/評価額JPY138,891(△21,809円、△13.57%)

LOG018:2019/3/1
→全世界:投資額JPY142,200/評価額JPY143,716(1,516円、1.06%)
→全米 :投資額JPY182,600/評価額JPY188,479(5,879円、3.21%)

昨年12月の株価下落時以降、初のプラ転です。

2銘柄を見比べてみると、やはり全米の方がパフォーマンスが良いようです。

これまでの当サイトの記事の中で、全世界が全米のパフォーマンスを上回る事はほぼ無かったですし、今回もそのような結果になりました。

つみたてNISAの推移

グラフの推移です。約3か月の期間で表示をしています。

※前回1/4時点

※今回3/1時点

前回のグラフでは、不安定な動きを見せていましたが、今回のグラフは落ち着いています。

12/25が大底で、前回の1/4以降はゆるやかな右肩上がりのラインを形成しています。

楽天全世界と全米の比較

次に、楽天全世界と楽天全米を別々に見てみましょう。

楽天全世界

楽天全米

ほぼ同じ・・・?

評価額でみると、パフォーマンスの差は2%程度ありましたが、グラフで見るとほとんどわかりません。

グラフの動きもほぼ同じです。組み入れ銘柄の関係もあって、連動したような動きになります。

おわり

以上です。不定期に更新を続けていきます。