ひふみプラスと楽天全世界株式インデックスファンド

ひふみプラスと楽天全世界株式インデックスファンド

どーもオキスケです。

一昨日のエントリーでこんなことを書きました。

ボラティリティが高い米国株市場が続くのであれば、機関投資家やプロの方々は、利益をあげるためによりアクティブな対応が必要になってくることから、投資信託商品間でパフォーマンスの差異が出てくることが予想されます。
つみたてNISAの開始に伴い、今年から投資を開始する方々にとっては、商品選択がとっても重要になることでしょう。

なかなか偉そうな事を書いちゃったなーと思いつつ、あらためて色々な投資信託商品を見直していたのですが、やっぱりどこに行っても人気なのがこれです。

180415-01

ひふみプラス

僕が説明せずともご存知かと思いますが、日本のレオス・キャピタルワークス株式会社という会社の投資信託商品です。

僕はこのブログでもお伝えしているとおり、NISAやidecoでは楽天全世界株式インデックスファンドの商品を運用していますが、今回は、この2つを見比べながらエントリーを書いてみたいと思います♪

組入配分比率の差

しかし、ひふみ投信凄いですよね~

何がスゴイって、特筆すべきはここでしょう。

180415-03

設定来のパフォーマンスが300%越え!!

運用が始まって現在までの成績では、日経平均株価も上昇しておりますので、スタート時期が良かったというのもあるかと思いますが、それにしても3倍というのは文句の無いパフォーマンスです。

このような運用実績を出せるのはほんと凄いことで、それを受けて気になるはどのような運用をしているかという事ですが、今回は組み入れている銘柄の配分比率を見てました。

楽天全世界株式インデックスファンドの場合(2018年3月月次レポートより)

180415-02

一番はアメリカになっており、時点が日本、イギリス、フランスと続いております。
基本的には先進国がメインですが、その中でも半分以上がアメリカという形となっています。

銘柄についても、アップルやマイクロソフト、アマゾンやフェイスブックなど、超有名企業が名前を連ねています。

ひふみプラスの場合(2018年3月月次レポートより)

180415-04

180415-05

国内株式の資産配分比率が84.3%と、楽天全世界とは違った日本国内の株式がメインとなっています。

銘柄については、上位にアマゾンやVIZA、マイクロソフトなどのアメリカ企業がランクインしていますが、組み入れ比率や前述の資産配分比率から見ても、上位に来ているアメリカ企業が多くを占めている訳ではなく、同じぐらいの比率で各社に投資しているという事かと思います。

長期投資を考えた場合の選択は・・・?

さて、みなさんはこの2商品をどう考えるでしょうか。

私は結論から先に言うと、やはり楽天全世界の方が良いと思います。

ただし、一つ付け加えるとして、
”つみたてNISAなど、長期投資を前提にするのであれば”
です。

ひふみプラスはその実績で証明している通り、素晴らしい運用パフォーマンスを見せております。
しかし、それでもまだ開始から10年は経っていません。

国内株式をメインとする運用手法となると、長期投資を考えた場合、私としては少し不安があります。
(注:あくまで私見です!投資判断は個人の責任でお願いします。)

その理由としては、日本株のボラティリティの高さと日本株の先行き不安からです。

180415-06
※画像はeWARRANT JOURNALより

ご覧いただいている画像は、日経平均株価とダウ平均株価の長期の推移ですが、ダウ平均が右肩上がりに推移しているのに対し、日経平均株価は上下に振れながら横ばいで推移しております。

短い間に上下にチャートが振れるという事は、それだけボラリティが高いという事になります。

ひふみプラスは中短期の投資であればキャピタルゲインを得ることができそうですが、長期で見た場合、日本株式がメインである為いささか不安です。

短期間で上下に振れたとしても、長期で見た際に右肩上がりであればいいですが、そういう訳でもなさそうです。
加えて、日本はこれから人口減少+超高齢化化社会を迎える為、GDPがさらに減っていく可能性があります。

一方、アメリカはまだまだ人口は増えており、経済成長余地が伺えます。
このような情勢からも、やはり長期投資では米国株の方がリスクが低いと考えられることから、私は楽天全世界株式インデックスファンドの方を選択している次第です。

おわり

色々書きましたが、ひふみプラスを否定するつもりはありません。

この商品に当初より投資している人は、300%のパフォーマンスを得ているわけで、それはすごい利益ですからね。

ただ自分は別の方が良いと思っているだけで、結局は自分がどのような投資をしたいかにつきるかと思います!!

それでは本日はこのあたりで!
また次回の記事にもめんそーれ♪