つみたてNISA資産状況~3/12~

つみたてNISA資産状況~3/12~

つみたてNISA資産状況~3/12~

どーもオキスケです。

今日はつみたてNISAの資産状況報告をします。

つみたてNISAの資産状況002

2018/3/12の状況

LOG001:2018/3/3
→全世界:投資額JPY10,000/評価額JPY9,576(-4.24%)
→全米 :投資額JPY10,000/評価額JPY9,620(-3.80%)

LOG002:2018/3/12
→全世界:投資額JPY12,300/評価額JPY12,326(+0.21%)
→全米 :投資額JPY12,300/評価額JPY12,473(+1.41%)

180312-01

全世界、全米ともにプラスに転じてます。
パーセンテージでみると、全世界が-4.24から0.21と4.46ポイント上昇しており、全米が-3.80から1.41と5.21ポイント上昇しており、やや全米の方が伸びているようです。

どのような要因があったのでしょうか??

日経平均とNYダウの株価連動性

日本の株価は、米国株式市場の影響を受けやすいだとか、連動性が高まっているといわれています。

それでは、ここ1月のチャートを見てみましょう。

180312-03-2
NYダウ(1か月)

180312-02-2
日経平均株価(1か月)

それぞれ株価の天井と底らしき部分を丸で囲ってみました。

なるほど、確かに。
見事に日経平均株価がNYダウの後を追うような形でラインを描いております。

そして今回の要因についてですが、9日に発表された2月の米雇用統計における賃金の伸びが市場予想を下回っており、インフレへの警戒感が後退。それによる米国株の株高と、為替も円安・ドル高に動いたことにより、日本株の買いの動きがでてきたようです。

180312-04
日経平均株価(3日間)

日本平均株価のここ3日間のチャートを見てもわかりますが、3月9日から週明けの3月12日にかけて大きく高騰しております事から、3/9の米国株式市場の影響を受けている事がわかります。

おわり

株価に連動性がある事を書きましたが、必ず連動するわけではなく、日本のみに関連する事象があれば、当然単体でも株価は上下するようです。

中々難しいですね; 結局は、株価の動きを確実に読み切ることは難しい訳で、リスクヘッジをしながら、長期的に投資し続けるのが正解というところに行きつく気がします。。。

それでは本日はこのあたりで!
また次回の記事にもめんそーれ♪