世界的株安→THEOの影響は?

世界的株安→THEOの影響は?

世界的株安→THEOの影響は?

どーもオキスケです。

ついに株価の調整が起きましたね!

5日にはNYダウが一時1,500ドルの下げがあり、それを受けて、昨日5日~6日にかけて日経平均が1,600円安の状況となりました(^^;

NYダウにおいては、リーマショック以来、実に9年ぶりの下げ幅との事です。

そして本日はNY市場、東京市場のどちらもにおいても、投資家による買い戻しの動きがあり、株価が反発しているようです、、、

最近は、多くの投資家の皆様が、世界的な株高を気にしながら、それぞれの考えでポジションを保有していたと思います。

そして、今回の事態を受けての反応は、恐らく様々でしょう。

大きく損をした人もいれば、大きく利益を得た人もいる。また、静観している方も多いかと思います。

その違いは投資のスタンスであり、これについては正解などありませんが、少なくとも私は、投機家でない限り、一喜一憂する事ではないと考えております。

さて、前置きが長くなりましたが、本日は世界的株安によるTHEOへの影響を見てみたいと思います。

THEOの変動

THEO 株安前(2/1)

2018/2/1の状況はこうでした!

  • 投資額JPY70,000
    評価額JPY70,984(+1.33%)

180203-01

保有銘柄も債権以外は良好!!

180203-02

THEO 株安後(2/6)

世界株安が起きた直後2/6の状況

  • 投資額JPY70,000
    評価額JPY68,126(△2.68%)

激落ち君です、、、

IMG_2080

保有銘柄も満遍なく、、、唯一は現物だけが気持ちあるくらい笑

IMG_2081

IMG_2082

さて、この状況をみなさんならどう捉えるでしょうか?

おわり

投資額が小さいので大した金額には見えませんが、もっと高額で運用している方は結構な金額になっているでしょう。

序盤にも書きましたが、この影響をどう捉えるかはその人の投資スタンスで大きく変わるかと思います。

私は長期投資が基本だと考えていますので、今回の影響も長い期間でみた際のほんの少しの上がり下がりだと考えています。

従って、今回の世界株安の影響は動じるものでは無いと感じています。

これが日本株だけに偏っていた場合は、今後人口が減る日本において、もしかしたらこれが頭うちかもしれないといった考えも出てくるかもしれませんが、世界で見ると、まだまだ市場の規模は拡大していくでしょうし、米国株はその筆頭だと思います。

自分の投資スタンスを信じ、腰を据えて頑張りましょう!

それでは本日はこのあたりで。
また次回の記事にめんそ〜れ♪