Fintech(フィンテック)とは

NO IMAGE

Fintech(フィンテック)とは

どーもオキスケです。
本日は軽めの記事です!

私は、日中の仕事の休憩時間と、仕事が終わって帰ってきてからの夜に記事を書いており、記事を公開するのは基本は朝にしています。

今日は仕事が忙しく何も手をつけられていない状況の為、軽めの記事になったという訳です(^^;

こういう時は勉強記事に限ります笑

さて本日は、少し前ならよく耳にするFintech(フィンテック)について調べてみましょう。

Fintech(フィンテック)って何?

Fintech(フィンテック)って何でしょう??
困った時のWikipedia兄さんに聞いてみました。

フィンテック、Fintech(英: financial technology)とは、「finance(ファイナンス)」と「technology(テクノロジー)」を掛け合わせた造語であり、ファイナンス・テクノロジーの略。「ICTを駆使した革新的(innovative)、あるいは破壊的(disruptive)な金融商品・サービスの潮流」などの意味で使用される。既存の金融機関が持つ総合的な金融サービスのうち、顧客が必要とする一部の機能のみに特化することで、低コストでサービスを受けることが可能となる。

国内公的機関等においてはフィンテック企業は「電子決済等代行業者」と表現される事が多い。

だそうです。

ファイナンステクノロジーの造語って、かなりの最先端感がでてますね笑

この時点で正直に言いますが、なぜフィンテックをチョイスしたかというと、単純にこういう最先端なやつを知ってたらカッコいいと思ったからです。

という事で、さらに詳しくなるためにフィンテックの代表例を調べてみました!

フィンテックの代表例

“フィンテック 代表例”でググってみました。
色々出てきた中で、よくピックアップされてのはこれです。

  • 電子マネー
  • 決済サービス
  • 会計、家計簿サービス
  • 仮想通貨
  • 投資サービス


それぞれの事例を紹介します。

電子マネー

これはもう生活必需品になっているかと思います。
特にみなさんに馴染み深いのは交通系の電子マネーでしょうか。
suicaなどが代表に挙げられますね!
沖縄は鉄道機関がない為、本土に比べては普及していませんが、それでも最近は普通になりつつあります。
ちなみに沖縄出身の交通系電子マネーにはokica(オキカ)があります。

決済サービス

これは割と普及していますね。
例えば PayPalとかですね。
楽天payやアマゾンpayもですかね?
ちょこちょこ使ってます!

会計、家計簿サービス

筆頭はこれでしょう。“マネーフォワード”
私も愛用していますが、色々なサービスとの連携が可能で、これ1つで済んでしまう勢いです。
ちなみに Theo zaifも連携できる為、かなり有用です!

仮想通貨

言わずとしれたビットコインなどで代表されるあいつです笑
今年は仮想通貨のビッグウェーブイヤーになりましたが、まだ来年も続くのでょうか?

投資サービス

私もやっています theo ウェルネスナビなどですね。
初心者が適当に投資するよりはきっとマシ何でしょう笑
投資信託の一種にはなりますので、手数料がかかる事は意識する必要があります。

おわりに

という事で、フィンテックについて調べてみましたが、大分身近になってきているようですね。

これからどんどんメジャーになっていくと思われますし、お得に使える場合もあるかと思いますので、分かっておいて損はないかと思います。

みなさんも勉強してみましょう!

それでは本日はこのあたりで。
また次回の記事にもめんそーれ♪