アマノフーズ「にゅうめん すまし柚子」お手軽かつ激ウマ!糖質オフやロカボにも最適!!

アマノフーズ「にゅうめん すまし柚子」お手軽かつ激ウマ!糖質オフやロカボにも最適!!

どーもオキスケです!

ブログをライブドアからワードプレスに移行完了です。(テーマ頼りの完全素人仕上げだけど)

移行と同時にブログタイトルを変えまして、これまでは投資に特化したブログでしたが、雑記ブログにする事にしたんです。

理由は、色々と書いてみたい事が増えたからなんですが、方向性がブレるとか言ってた前回の記事から、手のひらを返すような事になってる点は華麗にスルーしていただくとして。

と、言うことで、ブログ移行後の記念すべき初記事は食べ物系です!

アマノフーズのにゅうめん(すまし柚子)

いわゆる食レポ的な形になります。
これもシリーズ化していこうと考えてるところです。

さて、今回の相手はコイツです!!

にゅうめん(すまし柚子)!!

すごい美味しそう!!にはまだ見えないですよね、、、
この時点ではまだインスタント感丸出し。

まぁ、慌てずにゆっくり紹介していきたいと思います。

アマノフーズって?

まずは、この商品を作っている会社がどのような所なのかという事から入りましょう!
戦いにおいても敵を知る事から始めると言いますし。

敵の本丸(会社)はコチラです。

んまぁ〜立派なお城(サイト)!!

門構え(トップページ)からも、只者では無い事がわかりますね。

アマノフーズはフリーズドライの商品を販売しており、一般的なみそ汁系から始まり、今回取り上げるにゅうめん、お洒落なパスタやリゾット、なんと驚きの丼ものまで、あらゆる武将(商品)達が顔を揃えます。

戦国的なノリはもう限界が来たので一旦辞めるとして(そもそも戦国時代に全く詳しくありませんでした)、我らの Wikipedia先生にて調べてみると、元々は天野実業という会社で、アサヒの子会社だったりしたようだけど、現在はアサヒグループ食品に吸収合併されてるようです。

アサヒと言えばスーパードライ!!
ウチナーンチュは下手したらオリオンビールより好きかもしれません。(エビデンスはもちろんありません)

そんなアサヒが売り出すアマノフーズのにゅうめん。期待出来ない訳がありません。

にゅうめんとは

肝心なにゅうめんですが、そもそもなによ?って話です。

  1. にゅうめん 柔麺??
  2. にゅうめん 乳麺??
  3. にゅうめん NEW麺??

ブログを書きながら考えている時点では、ひねり出してもこのくらいしか浮かびませんが、確実にどれも違うという事はわかります。(あと、1と2は多分マズいです。)

ググってみるとこういう事でした。

奈良県の郷土料理。大和(やまと)地方(奈良県)は手延べそうめんの発祥地といわれる。そうめんは冷やしそうめんが一般的であるが、この地方では晩秋のころから温かく煮たそうめんをつくる。これが「にゅうめん」で、入麺、煮麺の字があてられる。シイタケ、ナス、干しえび、湯葉、青菜などを薄味に煮ておき、ゆでたそうめんにのせて、つゆを張りさっと煮立ててつくる。大和地方では、煮た材料とつゆを冷やしておき、冷たいそうめんにかける食べ方が古くからあり、にゅうめんはこれをそっくり温かくしたものである。熊本県の南関(なんかん)そうめん、徳島県の半田そうめんなども、冬にはにゅうめんにして食べることが多い。

いや、普通にそうめんやっし!って思った人は心の奥に閉まっておいてもらって、、、なるほどそういう事らしいです。(ちなみに”やっし”は沖縄の方言で、語尾につける言葉です。〇〇さぁ~の”さぁ~”と一緒です。)

郷土料理というだけで美味しそうなイメージが浮かんできます。ますます楽しみになってきた。

栄養成分

しかし、ここで避けて通れない問題が一つあります。それは栄養成分です!

記事のタイトルに、やれ糖質オフだの、やれロカボだの、やたらとキャッチーで女子ウケしそうな字面を並べてしまった以上、ここに責任が伴うのです。
なお、ロカボが分からない人はここから退場してください。→ありがとうございました

さて、ロカボを分からないやつが無事退場したところで、栄養成分を分析していきましょう!

アマノフーズ公式サイトからキャプチャしてきた画像です。

パッケージにはお茶碗一杯分と表記されています。そして、”“つまり”炭水化物“が入っています。
にも関わらず、50カロリーで炭水化物が8.7gと、ダイエッターにはもってこいの一品と言えるかもしれません。

しかし、世の中そんなに甘くない。この手のものは、確かにその情報に偽りがなくても、手のひらに3個ぐらい乗ってしまうサイズの茶碗を基準として、うぇーい!自社調べでぇーす。間違いなく茶碗一杯分でぇーす!うぇーい!みたいな引っ掛けパターンも無きにしも非ずです。(アマノフーズさんの事ではないですよ。)

実物を食べてみないと本当の評価は出来ないでしょうから、さっそく食べてみましょう!!

食べてみた!!

開封の義

まずはパッケージ

すいません。開ける前に写真を撮り忘れたので、もぬけの殻です。
そして、ここで気づいたんですが、アイキャッチ画像にしている綺麗なパッケージのやつは、47カロリーとなっています。昔のやつなのかな??

中身を取り出してみます。

結構でかい!そして、この時点で普通サイズの茶碗一杯分である事は確信しました。(アサヒさん。疑ってしまって誠に申し訳ございませんでした。)

裏面です。

うん。ちゃんと麺が入っている。だけど、まだこの時点ではただの凍ったそうめんです。にゅうめんは温かなくなければにゅうめんと呼ばないのです。(多分)

器に投下します。

ポイっと!

ここまで10秒〜完成!!


普通ににゅうめんを作ろうとしたら、自分ならここまでで1時間はかかってるでしょうが、アマノフーズのにゅうめんなら、この時点でまだ10。お手軽なのは間違いないですね。

早速お湯を入れていきます。

ここで軽くミスを犯しました。なんと、お湯を入れている写真を撮り忘れました。
ドライフーズ温かな食べ物に変わっていく大事な瞬間を写真に収め忘れるという事態。僕が食べ物系雑誌のライターだったら、編集長にこっぴどく怒られているところでしょう。
しがない個人ブロガーで良かったと思う瞬間です。

なんて思っている間に、

あっという間ににゅうめん(すまし柚子)が完成!!

早速食べてみましょう!

なにコレ。普通にうまい!!
1分足らずで出来るのに、この完成度。この戦いは笑顔で完敗です。

評価

感想

物足りない感は全くありませんでした。具材もたくさん入っているし、麺も結構多かった。
それなりに食べた感はあるけどカロリーは少ないので、夜食なんかにもってこいかもしれません。
お酒を飲んで帰ってきた時にカップラーメンなんかを食べていたあなた!これに変えたら痩せるかもしれませんよ。(責任はとれませんが。)

お手軽であるところもやっぱりポイント高いので、料理が苦手な人にも良いかもしれません。
結構いい感じの男性を初めて家に呼んだのはいいけど、何をだせばいいのか迷うなんて言うそこのアナタ!これをさりげなく出せば、彼の心を鷲掴み!なんて事もあるかもしれません。(責任は全くとれませんが。)

余談はさておき、個人的な趣向を踏まえるとすると、お湯は既定の量を入れましたが、少しだけ薄く感じました。ちょっとだけお湯の量を減らすか、だしの素を加えてもいいかもしれません。

総評すると、普通に美味しかったです。家にあったら嬉しいかも。

点数

このシリーズでは点数をつけてみたいと思います。素人の感想レベルですが、みなさんの参考になれば幸いです!

アマノフーズ/にゅうめん(すまし柚子)
味   :★★★★★★☆☆☆☆※しっかりしてました
量   :★★★★★☆☆☆☆☆※見た目以上の量
手軽さ :★★★★★★★★★★※1分以内でできちゃいます
コスパ :★★★☆☆☆☆☆☆☆※210円ぐらいだった
ロカボ度:★★★★★★★★☆☆※ダイエットにはおすすめ

おわり

ブログ移行後、初の記事でしたがいかがだったでしょうか?
初めての食べ物系記事ですが、意外に楽しく書けました。

投資だけだと真面目になりがちなので、こういう系だと少しフザけた事もかけていいですね^^

それでは本日はこのあたりで!